NEWS

【限定】希少なイリノイ産蛍石がきらら舎から届きました

多彩な色と形で私たちを楽しませてくれる鉱石。同じ「蛍石」にも、たくさんの産地があることはご存知でしょうか。

かつて、アメリカ合衆国のイリノイ州からケンタッキー州にかけて、多くの蛍石鉱山がありました。蛍石は製鉄の融剤として使うために広く採掘されていましたが、時代の流れと共に1995年に全て閉山。イリノイ産の蛍石も市場から消えていきました。

今では希少なイリノイ産。今回入荷した八面体は、色と透明度が素晴らしく、“オールドコレクションカラー”と呼ばれるのだそうです。
桃色が可愛い割り出していない形の蛍石もあります。
鉱石に同じものはありません。ひとつひとつの佇まいをじっくり眺めて選んでください。

ロケットペンダント標本も同時入荷しています!

■この蛍石について
イリノイ州にあった蛍石鉱山が全て閉山されてから25年。
価格は高騰し、流通する標本からも色が消えていきました。
やがて、鉱山入り口付近の意志も取りつくされ、業者の在庫も底をつきました。
八面体は蛍石の劈開(へきかい)を利用して人間の手で割られた劈開片です。

今回の八面体は、鉱山が稼働していた時代の塊から八面体に割り出したもので、透明度も色も素晴らしく、イリノイ州産蛍石のこのような色を“オールドコレクションカラー”と呼んでいます。

産地:Fluorite Octahedron Cave in Rock, Illinois, USA

■きらら舎のこと
鑑定書がついた指輪やペンダントより『鉱物図鑑』にあるような原石が好きで。
可愛いキャラクターがついたノートよりも何十年も変わらないデザインのものを選び。
有名なブランドのバッグより、毎日手入れをしなくてはいけないような重い革の鞄を愛用し。
意味なく「蛍光」するものが好きで、「青い」ものに執着し、気づけば小さなモノが身近に増殖しています。
好きなものを所有することは、一緒に「いいよねえ」と言ってくれる仲間がいればさらに楽しいので 「お店屋さん」を始めました。
自分の好きなものを蒐めたり作ったりして、一緒に「いいよねえ」と言ってくださる仲間を増やしたく、 きらら舎を運営しています。
(「きらら舎」公式HPより)

■きらら舎の全アイテムはこちら!
https://adneel.stores.jp/?category_id=5e958de65157622565f7ddeb